チャップアップの効果を倍増させる使い方!

話題の育毛剤『チャップアップ』

チャップアップ使い方

育毛に関心のある人なら、ネット上や口コミでよく耳にする名前ではないでしょうか。

30日で何らかの効果が実感できる、できなければ返金保証で対応する、という自信に満ちた謳い文句が、果たして本当なのか?誇大広告なのか?調べてみても良い情報と悪い情報が飛び交い、実際どうなのかわからない。

薄毛が気になって夜も眠れない・・・。

そんなアナタのために、今回はチャップアップの使い方について隅々まで解説します。

チャップアップの使い方・・・その前に

チャップアップとはどんな育毛剤なのか?

チャップアップは、もともと一般販売されていた育毛剤ではありません。

薄毛改善を目的とするクリニックに来院する顧客のみに、限定的に使用されていた製品なんです。

育毛のプロフェッショナルである担当医によって認められた、知る人ぞ知る育毛剤でした。

しかし、チャップアップを知る人たちの間で徐々に評判が高まり、一般販売を求めるニーズに後押しされる形で

2013年に一般発売されるようになりました。チャップアップは発売後わずか半年で驚異の販売数を記録。

一日1,000人以上の人がチャップアップを購入していたこともあったようです。

同じく2013年のモニターアンケートでは、ユーザー満足度97%の結果を残しています。

その華々しい経歴を聞くからには、どんな新しい医療成分が配合されているのかと思いきや、チャップアップは医薬部外品という位置付けなんですよね。

医薬部外品とは何かというと、効果や効能を厚生労働省によって認可された成分が規定以上の割合で配合されている製品のこと。

医薬品の使い方の目的が治療なのに対して、医薬部外品の使い方は予防や衛生であり、その作用も比較的穏やかなものとなります。

天然由来成分で作られたチャップアップは、医薬成分を含まない医薬部外品。

着色料、鉱物油、パラペンなどの保存料、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤などあらゆる合成添加物を不使用とする、100%無添加無香料の育毛剤です。

ちょっと拍子抜けかもしれませんが、その育毛効果は厚生労働省によって認可されたもの。

そして何より、クリニック限定アイテムから一般販売へと広がるほどの愛用者の数が、チャップアップの人気と実力を物語っています。

でも「チャップアップを使っているのに効果を全く感じない、薄毛が一向に改善しない」という理由で悩んでいる人って意外と多いんです。

チャップアップの使い方はただ頭皮に塗れば良いというわけではなく、チャップアップの効果を引き出す正しい使い方があります。これはチャップアップだけでなくどの育毛剤も一緒!!(本当に薄毛改善効果のある育毛剤を使っている事が大前提ですが)

ここでは、薄毛を改善させるチャップアップの正しい使い方について解説していきます。

チャップアップの正しい使い方といっても裏技や魔法のようなものではなく、正しい育毛剤の使い方を知らないと損をする・無駄になるだけです。

ですので、これから初めて育毛剤を使うというアナタや、我流で育毛剤を使っていたというアナタは改めて確認してみて下さい。

[cc id = 28486]

浸透力がUPするチャップアップの使い方

チャップアップの効果を最大限引き出す使い方①

育毛剤というと、決められた時間に決められた量だけ塗っていれば自然に効果が表れると思っている人も多いかもしれませんが、それではまだ足りません。。

もちろん、育毛剤ごとの用法用量をきちんと守ることは大原則ですが薬の効果をよりいっそう高めるためには服用時まで気を配ることが大切だと言われています。

育毛剤は基本的に皮膚から血管に浸透させる薬のため、血行が良い状態のほうがより薬効成分がしみこみやすい特徴があります。

全身の血行を良くする生活習慣といえば入浴やマッサージ、発汗作用のある食べ物を食べる、適度な運動があります。

とくに入浴は1日のうちでも最もリラックスした時間なので、入浴後体が温まっているうちに髪をよく乾かしてチャップアップを塗るというのをルーティンにするのもひとつの方法です。

チャップアップの効果を最大限引き出す使い方②

余分な皮脂は残さない!

チャップアップを使う上で皮脂は邪魔者。

皮脂が残っていると、せっかくのチャップアップの成分が頭皮の奥まで浸透できないこともあるでしょう。。。

これは我々男性がよく陥っている間違えなんですが、頭皮がベタついているので「しっかり皮脂を落とさなければ!」と思って必要以上に落としすぎると、油分が不足していると判断して頭がさらに油分を出そうとしてしまいます。

だから洗浄力の優しいアミノ酸シャンプーが良いと言われているんですが、洗髪は余分は皮脂を洗い流す程度にしてゴシゴシと洗いすぎないようにしましょう。

頭皮に直接シャンプーをつけるのはNG!

洗髪後は、リンスやコンディショナーなども完全に洗い流し、頭皮には何も残らないようにするのが鉄則。

頭皮はとても吸収力がよい皮膚です。シャンプーのような刺激物を頭皮につけてからゴシゴシ泡立てるのはご法度。

面倒ですがシャンプーは一度手のひらで泡立ててから使うことをおすすめします。

また、絶対にリンスやコンディショナー、トリートメントを頭皮につけるのはNGです!

チャップアップの効果を最大限引き出す使い方③

シャンプー後にドライヤーで髪を乾かすこと!

たまに頭皮が乾いてしまうと、浸透力自体が弱まる。なんて意見を聞きますが、頭皮が濡れたままの状態を長時間続けていると、頭皮に雑菌が繁殖してしまいます。

さらに雑菌は栄養分を食べてしまうので、髪が栄養不足に。

絶対にシャンプーの後にドライヤーで髪を乾かす⇒チャップアップ

これが正しい使い方の鉄則!!

シャンプー後のドライヤーは直接頭皮に風が当たらないよう、ドライヤーを頭から10~20センチ離しましょう。髪は60度以上の熱風を浴びると火傷してしまい傷みます。

通常のドライヤーの場合、噴出口付近で140度近い熱風が出るため近付け過ぎると水分が蒸発して頭皮が乾燥するだけではなく髪に強いダメージが加わりパサパサになります。

髪の内側から外側に向かってドライヤーの風を当てるように乾かしていきます。

ドライヤーは左右に振るように使うと、一か所に熱が当たらず温風が分散されて風が当たる範囲が広がり渇きも早くなります。

そして、7割程度乾いたところで冷風に切り替えて乾かしましょう。

冷風を当てると髪と頭皮の栄養分が逃げず、うるおいのある髪と頭皮になるのと、さらに最後に冷風をあてる事によって交感神経が落ち着き、寝付きが良くなります。

チャップアップの効果を最大限引き出す使い方④

いざ!チャップアップを投入!!

物によってはハゲている部分に塗ればいいものもありますが、ハゲている部分だけじゃなくて、頭皮全体に使うのがチャップアップの正しい使い方!

チャップアップをプッシュして頭皮全体へ吹きかけましょう。使用量の目安は1回の使用時に約30回プッシュですが、慣れてくると使用量20回でも充分な量だと思います。

ちなみに1日1回、約30回プッシュ(4ml)で1ヶ月使えます。

頭皮全体に軽く行き渡らせたら、しばらく間を空けます。※数分(2、3分程度)

その後、洗髪時と同じように、毛髪にダメージを与えないように気をつけながら、頭皮全体にチャップアップを行き渡らせながらマッサージ。

弱くなっている髪の毛は少し刺激を与えただけでも抜けてしまいます

マッサージは指の腹を使って頭皮をもむように少しの範囲ずつ行うようにしましょう。

頭頂部と側頭部を重点的に指先に少し力をいれ、頭皮を押し込むようなイメージ。

力加減は強すぎず、弱すぎずで自分が気持ちいいと感じる力加減で行ってください。

育毛剤は正しい使い方をしてこそ力を発揮する!!

チャップアップもそうですが、育毛剤の正しい使い方をマスターし、実践することが薄毛改善の第一歩です。

もうすでにチャップアップを使っている方も是非一度自分の使い方を見直していただければと思います。

本気で薄毛を改善するために、まずは育毛剤を丁寧に正しく使うことから始めませんか?

[cc id = 28486]

チャップアップを2年間試してみた結果・・・【画像あり】

チャップアップvsイクオスEXプラスぶっちゃけ本当に良い育毛剤はどっち?

これでもチャップアップは効かないと言えますか?【画像あり】

チャップアップはM字ハゲ(生え際)に効果が【リアップ超え!?】

チャップアップはAGAに効くのか?【成分検証】

チャップアップの初期脱毛とは?【薄毛・若ハゲ必読】

チャップアップの成分大解剖!「新生チャップアップ成分」が凄い件

チャップアップサプリの副作用と効能はどうなのか徹底調査してみた

チャップアップの評価ってぶっちゃけどうなの?【効果画像あり】

チャップアップの効果は?つむじハゲ・薄毛に効果があるのか?

【チャップアップ副作用】知名度No1育毛剤を徹底分析!

[cc id = 5937]

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017