マイナチュレカラートリートメントを成分解析

マイナチュレカラートリートメントの成分についてわかりやすく解説しています。マイナチュレカラートリートメントに含まれる多くの成分の中で、特に育毛効果が高いと思われる、成分について詳しく紹介していきたいと思います。

マイナチュレ カラートリートメント Amazon

マイナチュレカラートリートメントの知名度のある秘密は白髪染めだけでなく、ヘアケア成分、スカルプケア成分、エイジングケア成分が多く配合されていて、これ一本で幅広く対策できることです。

その上なんといっても、マイナチュレカラートリートメントの成分のクオリティは他の育毛剤の追随を許さないくらい高いという優れもの。

そこでこの記事では、そんなマイナチュレカラートリートメントの成分を詳しく見ていき、どのような効果があるのか、副作用はないのかなど紹介していきたいと思います。

マイナチュレカラートリートメントの白髪染め効果をレビュー

マイナチュレ女性用育毛剤を使ってみた!効果分析【※体験レビュー】

マイナチュレカラートリートメントの全成分

マイナチュレ カラートリートメント

下の表で示したものが、マイナチュレカラートリートメントに配合されている成分

商品名マイナチュレ ヘアカラートリートメント
全成分水、セテアリルアルコール、ミリスチルアルコール、ステアルトリモニウムクロリド、水添ナタネ油アルコール、フェノキシエタノール、炭酸水素アンモニウム、ヒドロキシエチルセルロース、ステアリン酸グリセリル、オレンジラフィー油、イソプロパノール、クロルヒドロキシAI、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、コレステロール、クエン酸、グリチルリチン酸2K、デキストリン、ボタンエキス、BG、フユボダイジュ花エキス、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、ホホバ種子油、
アルガニアスピノサ核油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、コンフリー葉エキス、グリセリン、加水分解ケラチン(羊毛)、デキストラン、アセチルヘキサペプチド-1、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、y-ドコサラクトン、アシタバ葉/茎エキス、トウキンセンカ花エキス、セイヨウノコギリソウエキス、カミツレ花エキス、アルテア根エキス、セージ葉エキス、スギナエキス、ベルガモット果実油、ラバンデュラハイブリダ油、レモン果皮油、オレンジ果皮油、テレビン油、クスノキ樹皮油、ラベンダー油、ローズマリー葉油、オランダガラシ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、アルニカ花エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、オドリコソウ花エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、(+/ー)HC青2、塩基性茶16、塩基性青99、HC黄4、HC黄2
内容量200㎖(約1ヶ月分)

白髪染めトリートメントは、『しっかり染まって、髪や地肌を傷めない、しかも、「髪ボロボロ」にも「色ボロボロ」にもならない』ってのが理想ですよね。

この理想的コンセプトの元に作られたのが、「マイナチュレ オールインワンケアカラー トリートメント」なんです。

マイナチュレ カラートリートメントは「染まり」と「優しさ」の両方あり!

マイナチュレ オールインワンケア カラートリートメントは、「染まり」と「優しさ」のバランスに一番こだわっています。

白髪ケア商品によくある6つのニーズを、バランスよく叶えるカラートリートメントにしています。

マイナチュレ カラートリートメント 成分

持続性、ボリューム感も、日々白髪ケアが気にならないために、大事ですよね。

手軽さは、染めの時間や回数のこと。ヘナカラーとかの染め時間は2時間待ちとか、めんどくさくてしょうがないですよね。

マイナチュレ オールインワンケア カラートリートメントは、「週1、2回の10分程度の手軽さ」で、面倒はありません。

髪にも地肌にもやさしいし、傷むのをいやいや染めていた罪悪感からも解放されます。

更に色持ちもするし、気にならないから、おしゃれももっと決まる!もちろん高すぎることなく、コスパも美容室や高級な白髪染めより、ずっといいですよ。

マイナチュレカラートリートメントの成分から見た効果

  • 染まり
  • 手軽さ
  • 持続性
  • ボリューム感
  • 頭皮へのやさしさ
  • 毛髪への優しさ

では、これらの効果・効能を促進するために、いったいどのような成分が入っているのでしょうか?

一緒に見ていきましょう。

マイナチュレカラートリートメントの成分は髪の毛を痛めずに白髪を染めることが可能

マイナチュレカラートリートメントは、髪の毛や頭皮への負担軽減に大きくこだわった白髪染めです。

一般的になじみのある市販の白髪染めは、ほとんどが染まりやすいが強い反面刺激が強いというデメリットがあります。

また、仕上がりもゴワつきが感じられるなど、使用感もバッチリとは言いがたいものが多いのが現状です。

カラートリートメントが良い面は、髪の毛を傷めることなく白髪を染めることができる所。

ただ、それと同時に「染まらない」という不満を持ちやすいのが白髪染めでもあります。

特徴を知って上手く使えば白髪を隠すことはできるのですが、慣れるまでがちょっと大変。美容院で染めたり、ドラッグストアで売っている2剤式のヘアカラーを使っていたりすると、がっかりする人も少なくありません。

そんな業界に新風を吹き込むと言ったら大袈裟かもしれませんが、「染まりの良いカラートリートメントを!!」ということで開発されたのが、マイナチュレのカラートリートメントなんだとか。

マイナチュレカラートリートメントの成分は白髪ケア、ヘアケア、スカルプケア、エイジングケア成分配合

マイナチュレヘアカラートリートメント 成分
染料の配合(白髪ケア)に加えて、その他「3つのケア」ができることもマイナチュレカラートリートメントの注目ポイントとなっています。

白髪ケア、ヘアケア、スカルプケア、エイジングケアの合計4つをこれ一本で行うことができます

これは、育毛剤やシャンプー、サプリメントをシリーズ化しているマイナチュレならではと言えるのではないかと思います。

考え方としては、白髪を染めることはもちろん、ケアもすることでキレイに染まりやすい髪を維持することを目指しているみたい。

よく染まるための工夫はもちろんされてるんだけど、同時にケアにも重点を置いてるってことですね

マイナチュレ カラートリートメントは、業界初の「オールインワンケア」成分タイプ

マイナチュレの白髪染め開発者たちが考えついたコンセプトは、カラートリートメント業界初の「オールインワンケア」というものです。

白髪ケア、エイジングケア、スカルプケア、ヘアケアの4つを 1本の白髪染めカラートリートメントでやってしまおうという発想で、こうして生まれたのが、「マイナチュレ オールインワンケア トリートメント」なんです。

白髪染めは、よく染まって欲しいというのはもちろんのこと、髪や頭皮のケアを同時にしてしまおうという一挙両得のカラートリートメントといえます。

髪というのは、白髪を染めるだけでは美しい髪にはなりません。

白髪をキレイに染めながら、毛髪ケアも同時にできるようにすることで髪のエイジングケアを図ろうとしているトリートメントです。

[cc id=19329]

マイナチュレカラートリートメントの口コミは?評価・評判を掲載

NHK番組にも出演する実力者が開発

マイナチュレ ヘアカラートリートメント 開発者

マイナチュレカラートリートメントの商品開発をしているのが、美容師歴15年・毛髪診断士の高橋綾さん。

薬剤の知識やヘアケアの方法についても詳しく、ヘアケアアドバイザーとしても活躍しているのだとか。

NHKの番組(明日も晴れ!人生レシピ-どう対策?抜け毛・白髪-)にも出演しています。

マイナチュレカラートリートメントの成分は無添加成分配合で肌に優しい

マイナチュレカラートリートメントの「染まりへのこだわり」は、特別染まる染料を使っているというよりは、配合成分の調節にあります。

どんなによい効果のある成分を配合していても、髪や頭皮に刺激を与えるようなものを配合していては、その力が十分に発揮されません。

また、白髪が増えてしまった頭皮は若い頃よりも肌が弱くなる傾向があるので、肌に優しいということが特に重要

マイナチュレカラートリートメントは合成香料、合成着色料、鉱物油、パラベン、シリコン、紫外線吸収剤、ホルモン、ラノリンといった刺激がある成分を配合していません。

そして、パッチテスト済みです。肌に優しい特徴があります。

白髪染めトリートメントを構成する成分

白髪染めトリートメントの成分の分類商品中の配合成分成分の評価
染料の原料(植物成分由来の染料)なし
染料の原料(化学成分由来の染料)(+/-)HC青2、塩基性茶16、塩基性青99、HC黄4、HC黄2
染料の染まり具合(色落ちしないか)しっかり染まる低刺激成分「HC染料」、色が出やすい低刺激成分「塩基性染料」。最もよく染まる染料の組み合わせ。
トリートメント成分(髪にハリ・コシを与える成分)加水分解ケラチン(羊毛)、ガゴメエキス、デキストラン、アセチルヘキサペプチド-1、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、γ-ドコサラクトン、アシタバ葉/茎エキス、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)
トリートメント成分(表面をコーティングして髪のキューティクルを保護する成分)オレンジラフィー油、ホホバ種子油、アルガニアスピノサ核油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ベルガモット果実油、ラバンデュラハイブリダ油、レモン果皮油、オレンジ果皮油、テレビン油、クスノキ樹皮油、ラベンダー油、ローズマリー葉油、コンフリー葉エキス
育毛成分(スカルプケア)オランダガラシ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、アルニカ花エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、オドリコソウ花エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ウコン根茎エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、トウキンセンカ花エキス、セイヨウノコギリソウエキス、カミツレ花エキス、アルテア根エキス、セージ葉エキス、スギナエキス、ウコン根茎エキス、グリチルリチン酸2K
刺激性の強い染毛剤なし
悪い成分(シリコン)なし
悪い成分(強い防腐剤・酸化防止剤・金属封鎖剤・安定剤など)なし

マイナチュレカラートリートメントは敏感な頭皮にも副作用なく安心して使える?

株式会社ミスミ製薬

ここまで紹介してきた成分において、健康に害を及ぼすものはありません。

また、これまでにマイナチュレカラートリートメントを利用して大きなトラブルが発生したとの報告もありません。

マイナチュレカラートリートメントでは、粗悪な育毛剤にありがちな8種の添加物を利用していません。

具体的な成分は、「合成香料」「合成着色料」「鉱物油」「パラベン」「紫外線吸収剤」「シリコン」「ホルモン」「ラノリン」など。

この添加物は必ずしも危険というものではないのですが、安全に配慮性を極限まで高めるために、念には念をということでマイナチュレカラートリートメントは配合していないそうです。

とはいえ、体質は人それぞれですから100%安全に配慮だといい切ることはできません。利用によりなんらかのトラブルが生じた場合には、ただちに中断し医師に相談するようにしましょうね。

マイナチュレカラートリートメントの解約・停止・返金方法まとめ

成分からマイナチュレカラートリートメントがおすすめなのはこんな人

「マイナチュレカラートリートメント」は、こんな悩みを持つ人におすすめのヘアケア商品です。

  • 髪のハリ、コシが不足している
  • 髪のボリュームが足りずヘアスタイルが決まらない
  • 髪の毛が細くなってきた
  • 髪がぱさついて抜け毛が成長促進

もちろん、これ以外の髪トラブルにも「マイナチュレカラートリートメントの成分」がその実力を発揮してくれるかもしれません。

年齢に伴う女性の髪トラブルに働きかける「マイナチュレカラートリートメント」

育毛成分の種類と効能は、女性用育毛剤トップクラスといえるでしょう。

髪トラブルにお悩みなら一度利用してみてはいかがでしょうか?

[cc id=19329]

マイナチュレシャンプーを使ってみた!口コミ・効果分析【※体験談】

マイナチュレサプリメント検証!体の中から美しくなるサプリの秘密

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018