リリィジュの成分と副作用

リリィジュの成分についてわかりやすく解説しています。リリィジュに含まれる多くの有効成分の中で、特に育毛効果が高いと思われる、成分について情報を詳しく紹介しているので参考にしてください。

[cc id=21478]

リリィジュの成分から見た副作用の有無について

リリィジュ育毛剤の知名度のある秘密は、育毛成分が多く配合されていて、薄毛に対して幅広く対策できることです。

その上なんといっても、リリィジュの成分のクオリティは他の育毛剤の追随を許さないくらい高いという優れもの。2002年の販売から長い間販売・改良を重ねていることからも育毛剤の中では老舗としての安定感があります。

そこでこの記事では、そんなリリィジュの成分を詳しく見ていき、どのような育毛効果があるのか、副作用はないのかなど紹介していきたいと思います。

[cc id=21478]

リリィジュ育毛剤の全成分

リリィジュの副作用を見ていく前に、まずはリリィジュの成分についてみていきましょう。

リリィジュ 成分

価格4,935円 返金保証 送料無料
お試しセット500円
成分センブリ抽出リキッド、β-グリチルレチン酸、ニコチン酸アミド、パントテニルエチルエーテル、桐葉エキス、精製桑白皮エキス、アセチル化ヒアルロン酸、酵母エキス、グルコシルヘスペリジン、乳酸セチル、カオチン化セルロース、ユーカリ油、無水エタノール BG
内容量75ml
特典お試しセット500円(シャンプー・トリートメント・本付き)

上の表で示したものが、リリィジュに配合されている育毛成分

育毛成分の種類はシンプルなものの、成分の効能カバーも非常にいい育毛剤です。

成分の効能的には、保湿、栄養、血行促進、抗炎症、抗菌、抗酸化、フケ予防とバランスがとても取れていて「センブリ抽出リキッド」など育毛成分を中心に配合しています。

成分的にも、効能的にも、とても贅沢な育毛剤といえますね。また、酸化防止剤・香料・着色料までも無添加で低刺激。

配合成分の豊富さをみると、価格的にも非常にコストパフォーマンスが高い育毛剤です。

これだけでは分かりにくいと思うのでそれぞれの成分の効能をみて行きましょう。なお、黒い星(★)の数が高いほど危険度の高い成分となります

成分の持つ効果成分の危険度
センブリ抽出リキッド■育毛有効成分☆☆☆☆☆
β-グリチルレチン酸■育毛有効成分☆☆☆☆☆
パントテニルエチルエーテル■育毛有効成分☆☆☆☆☆
ニコチン酸アミド■育毛有効成分☆☆☆☆☆
桐葉エキス保湿☆☆☆☆☆
ソウハクヒエキス保湿☆☆☆☆☆
アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム保湿☆☆☆☆☆
酵母エキス-1保湿、保水、肌細胞の活性化☆☆☆☆☆
グルコシルヘスペリジン血行促進、抗酸化☆☆☆☆☆
乳酸セチル保湿剤、湿潤剤☆☆☆☆☆
塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース保湿、静電気防止☆☆☆☆☆
クララエキス(1)血行促進、消炎☆☆☆☆☆
無水エタノール肌への浸透力向上、殺菌、防腐★★☆☆☆
BG保湿、抗菌、殺菌☆☆☆☆☆

薬用リリィジュの成分をザザッとみていくと、全体的に成分そのものの安全に配慮性は高めな印象を受けました。着色料や香料、パラベンやメントールなどの頭皮に負担がかかる成分を使わずに作られています。

ただ、アルコール系の成分(無水エタノール)が配合されているため、エタノールで肌トラブルを起こした経験をお持ちのかたや、敏感肌気味のかたは使用前にパッチテストを行うことを推奨します。

育毛剤に使われるエタノールは、油分の多い頭皮に育毛液をしっかり浸透させるために配合されています。また、エタノールは殺菌効果を持つので製品の劣化を防ぐ意味合いで配合されています。

エタノールが育毛剤に使われるときは、頭皮に負担がかからないように成分の濃度を調節して配合されているため、常識の範囲内で普通に育毛剤として使っていくぶんには問題ないとはいえますが、肌トラブルが不安なかたは様子をみながら使用を検討するのがいいでしょう。

リリィジュの成分から見た育毛効果

  • 育毛
  • 薄毛の予防
  • フケ・かゆみ
  • 病後・産後の脱毛
  • 脱毛予防
  • 育毛促進
  • 発毛促進
  • 養毛

これらの効果・効能を促進するために、いったいどのような育毛有効成分が入っているのでしょうか?一緒に見ていきましょう。

リリィジュ 成分

成分①センブリ抽出リキッド

血行を促進し、頭皮に栄養素を行き渡らせる作用があります。毛髪の元となる毛母細胞に、十分な栄養素が供給されるので、抜け毛が抑制され毛髪が成長していきます。

成分②β-グリチルレチン酸

頭皮の炎症を抑制する作用があるので、抜け毛などの脱毛を予防することができます。殺菌作用もあり、ふけや痒みの原因となる雑菌が繁殖するのを防いでくれます。

成分③ニコチン酸アミド

ビタミンB群の1種で、頭皮に使用すると毛細血管に働きかけて血行を促進してくれる作用があります。毛母細胞を活性化させることで毛髪の成長を促す働きもあります。

成分④パントテニルエチルエーテル

毛髪へ栄養を送る役割を果たしてくれるビタミンB群の1種です。育毛を促す直接的な成分ではありませんが、頭皮を保湿したり、ふけや痒みを抑えたり、毛母細胞に働きかけることで育毛成分の働きをサポートしてくれます。

成分⑤桐葉エキス

古くから薬草として知られている桐葉は、桐の葉を浸した水で女性の髪を洗っていたという記述が中国の文献に残っているほどの成分です。植物性の保湿成分として知られている桐葉は、科学的な検証により、頭皮にうるおいを与え、髪の毛を作る毛母細胞を元気にしてくれる効果があることが分かっています

成分⑥桑白葉エキス

古くから薬草として用いられてきた桑の根の皮から抽出したエキスです。この成分は毛乳頭に働きかけて毛周期を正常にしてくれる作用があるほか、血行促進作用があり、頭皮の乾燥を予防・改善する効果もあるとされています。

成分⑦スーパーヒアルロン酸(アセチル化ヒアルロン酸)

美容成分として知られているヒアルロン酸の保湿力を強化したのがスーパーヒアルロン酸です。わずか1gで12Lもの水を抱え込むことができるとされています。このヒアルロン酸が配合されていることで、頭皮の潤いを長時間維持することが可能になり、乾燥して硬くなってしまうのを防いでくれます。

リリィジュは、毛乳頭や毛母細胞に直接働きかけ育毛や発毛を促す成分のほか、頭皮の乾燥を抑え、髪に潤いを与えるヘアケア成分を配合することで、女性の薄毛や抜け毛といった悩みにアプローチする育毛剤となっていることが分かります。

特に頭皮の乾燥が原因で抜け毛・薄毛に悩んでいるという方には、改善が期待できそうな成分が豊富に含まれているようです。

リリィジュがかなり優れた育毛剤であることは理解できたけれど、その分副作用がありそうで不安。。

ではここからはリリィジュの副作用について見ていきましょう。

リリィジュ育毛剤に副作用はないの?

リリィジュなどの育毛剤を利用する時に気になるのが副作用リスク

リリィジュ 成分,リリィジュ 副作用

AGA治療薬として知られるミノキシジルやプロペシア(フィナステリド)には性欲減退や多毛症(体の色んな部分に毛が成長促進)などの症状が出るという報告もあります。

薄毛対策をしてもほかに都合の悪いところが出てきては意味がありませんよね。

そこでプランテルのような医薬部外品の育毛剤にニーズがあるわけです。

安全に配慮に育毛に取り組みたいという人にとってリリィジュのような高機能な医薬部外品指定の育毛剤は有効な選択肢の一つです。

しかし、リリィジュに本当に副作用リスクはないのでしょうか。

リリィジュは副作用の心配なし

医薬部外品であるリリィジュは良くも悪くも「薬のように強い効果を体に及ぼすことはありません。

リリィジュに限らず、ほとんどの育毛剤で「副作用が出た」という口コミはレビューや2chなどを探しても見つかりませんでした。

したがって、基本的に用量をまもって使用すればまず問題ないといえるでしょう。

医薬部外品の副作用はどれくらい?

リリィジュは医薬部外品なので、基本的には副作用の心配はないことが分かりましたが医学的にはどうなんでしょう。

リリィジュは医薬部外品に指定されています。

育毛剤やローションは通常、化粧品、医薬部外品、医薬品の3つのうちのどれかに分類されることになっていますが効果の順に並べると

化粧品⇒医薬部外品⇒医薬品(効果も強いが副作用の可能性も)

となります。

医薬品は効果が高い分、副作用などのリスクが発生するケースもあり、そのために専門家である医師の処方が必要になります。

対して医薬部外品は効果も高く、リスクも少ないという、ちょうどいいポジショニングをしている製品です。知名度のある育毛剤の多くは医薬部外品の指定を受けており、リリィジュもそういった育毛剤の中の一つです。

しかし、過剰に使用をしてしまうと健康に影響を与えることもあるので、適量を守って利用することが大切です。

リリィジュは敏感な頭皮にも副作用なく安心して使える?

リリィジュは、ここまで紹介してきた成分において、健康に害を及ぼすものはありません。

リリィジュの西軍は安全に配慮?

また、これまでにリリィジュを利用して大きなトラブルが発生したとの報告もありません。

とはいえ、体質は人それぞれですから100%安全に配慮だといい切ることはできません。利用によりなんらかのトラブルが生じた場合には、ただちに中断し医師に相談するようにしましょうね。

リリィジュでは、粗悪な育毛剤にありがちな添加物を利用していません。

具体的な成分は、「合成香料」「合成着色料」「鉱物油」「パラベン」「紫外線吸収剤」「シリコン」「ホルモン」「ラノリン」など。

この添加物は必ずしも危険というものではないのですが、安全に配慮性を極限まで高めるために、念には念をということでリリィジュは配合していないそうです。

もちろんパッチテストも実施済みです。

リリィジュの成分の総評(まとめ)

薬用リリィジュには、育毛有効成分が4種類採用されています。

  • センブリ抽出リキッドは、血行促進効果や抗炎効果、細胞の活性化があり、育毛効果に優れる成分
  • β-グリチルレチン酸は、殺菌、抗炎を持っているため、頭皮に繁殖する雑菌を抑え、フケやかゆみなどをはじめとした頭皮の荒れを抑制して、頭皮環境を整えてくれる
  • パントテニルエチルエーテルは、ビタミンBの一種。皮膚や毛根への栄養補給効果の他に、抗炎効果を持っており、フケやかゆみを抑える働きに期待あり
  • ニコチン酸アミドもビタミンB群の一種。血行促進効果や、抗炎効果、毛母細胞を活性化する効果を持っている

健康的な髪の成長と維持には、栄養を運んでくれる「血の巡り」が大切になります。

薬用リリィジュは血行促進効果を持つ成分で頭皮環境に働きかけつつ、保湿力の高い植物成分が配合されているため、髪の土台となる頭皮の環境を土台から整えつつ、育毛発毛を促進する働きに期待が持てる女性育毛剤となっています。

リリィジュ 副作用

成分からリリィジュがおすすめなのはこんな人

「リリィジュ」は、こんな悩みを持つ人におすすめのヘアケア商品です。

  • 髪のハリ、コシが不足している
  • 髪のボリュームが足りずヘアスタイルが決まらない
  • 髪の毛が細くなってきた
  • 髪がぱさついて抜け毛が成長促進

もちろん、これ以外の髪トラブルにもリリィジュの有効成分がその実力を発揮してくれるかもしれません。

年齢に伴う女性の髪トラブルに働きかける「リリィジュ」

育毛成分の種類と効能は、女性用育毛剤トップクラスといえるでしょう。

髪トラブルにお悩みなら一度利用してみてはいかがでしょうか?

[cc id=21478]

リリィジュ育毛剤の効果・成分・口コミまとめ【画像有】

リリィジュのお試しセット【500円でトライしてみた結果】

リリィジュの使い方 | 効果なしとは言わせない使い方まとめ

リリィジュの口コミ評判まとめ【※購入前に読むべし】

リリィジュの成分 | 副作用はないの?成分解析してみた

リリィジュは効果なし?あり?効果の秘密は使用期間にあり

リリィジュシャンプーの口コミ・効果を成分解析【※体験談】

リリィジュの解約方法【※どこよりも分かりやすく解説】

リリィジュの通販 | 楽天・Amazon・販売店の値段を調査