20代で薄毛の人が増えている!

20代で薄毛になる若年性脱毛症

薄毛に悩み出すのは40代前後からだと言われていますが、最近では比較的若い、20代からてっぺんハゲM字ハゲ、抜け毛の悩みを抱えている人が増えています。

20代で薄毛に悩む男性

 

いわゆる「若ハゲ」という状態ですが、このような症状は若年性脱毛症と言われていて、近年では高校生でも薄毛になったり、はげたりする人が非常に増えているそうです。

本来若い人たちは新陳代謝も良いですし、薄毛に悩む心配はありません。では、なぜこうも高校生や大学生などの年代で薄毛が増えているのでしょうか?

今回は20代の薄毛の原因と手軽に出来る改善方法についてお話ししていきたいと思います。

20代の薄毛!若年性脱毛症とは?

年性脱毛症とは20代前半~30代前半という比較的若い年齢から発症する脱毛症のことです。

中には10代後半から症状が見られるケースもあります。

抜け毛の症状としては、頭頂部のボリュームの低下や生え際の後退など、一般的な「男性 型 脱毛 症」の症状と大して変わりはありません。

 

薄毛や抜け毛が進行すると言われている壮年期より早い時期から発症するということで、

「若年性脱毛症」と呼ばれているだけです。

本来は若い男性に多い若年性脱毛症ですが近年では女性でも増えているそうです。

髪はいったいどうやって作られるのか??

私達の体には、たくさんの細胞がありそのほとんどが、血液から「栄養」をもらいながら成長しています。

髪の毛も例に漏れず細胞でできていて、髪の毛が作られる時には血液が使われるんです。

20代の薄毛には栄養

けれど、髪の毛は内臓などに比べて命にかかわるほど大切なものではないので、栄養が届くのが、後回しになります。

つまり、細胞の修復などに血液の栄養が使われた後の、「最後のあまった血液」で髪はつくられているんです。

この時、身体に流れる血液の循環が悪くなると、栄養素を運ぶのに支障が出てしまいます。

こんな状態では、毛根の毛母細胞に栄養が届かなくなってしまいます。毛髪や毛根が栄養不足になると、細く軟弱な状態になるので、成長して伸びる前に抜け落ちてしまうことに・・・。

ちなみに若年性脱毛症は、生え変わった毛髪が成長できずに脱毛します。つまり、頭皮から消滅するのではなく 毛周期が短くなる=薄毛になるんです。

要注意ポイント!

20代 薄毛サイクル

(引用:大正製薬

毛周期は、発毛・初期成長期・後期成長期・退行期・脱毛・休止期を繰り返します。 

 

 一般的には「ヘアサイクル」と言ったほうが聞き覚えがあるかもしれませんね。

若年性脱毛症のヘアサイクルは、成長期が極端に短縮されます。つまり今、アナタが10代や20代の若さで薄毛に悩んでいるのなら「毛髪が成長できない」状態になっている可能性があるんです。

20代でヘアサイクルが乱れてしまう原因

では、なぜヘアサイクルが乱れてしまうのでしょうか。残念ながら20代の薄毛(若年性脱毛症)の原因は完全には判明していません。20代薄毛 ストレス

男性 型 脱毛 症と同じでホルモンバランスの悪化が原因の一つだと考えられています。ただ一般的には20代~30代くらいの年齢では髪の毛自体はまだまだ成長します。

そのため、20代前後から薄毛の症状が見られる場合は身体において何かしらの異常があると考えられているんです。

現に、近年では

20代の薄毛が成長促進訳

食の欧米化

睡眠不足

現代社会におけるストレス etc・・・・

 

などの様々な原因で、10代、20代から極端に薄毛、抜け毛が進行してしまういわゆる「若はげ」になってしまう若者が増えている傾向にあります。

というわけで、薄毛対策として規則正しい生活をしてましょう!

・・・と言っても、例えばストレスがが会社や学校への対処だとしたら一筋縄ではいかない問題ですよね。会社の仕事や人間関係は嫌いだけれど、今の仕事を辞めても次がないという人は多かったりします。

たとえ彼らに「会社を辞めて他の仕事を探しなよ」とアドバイスしたとしても「簡単に言うなよ」と言い返されるのがオチでしょう。

 

生活リズムの改善はひとつの10代20代の薄毛対策の選択肢。

ですが、それだけが唯一の選択肢ではありません。

 

「規則正しい生活?そんなの無理!でも20代で薄毛は嫌だ!」

という声が聞こえて来そうなのですが、諦めることはありません。

詳細な20代からの薄毛のメカニズムは現代化学でも完全には把握されていませんが、薄毛の原因やそれを抑える対策・または画期的な薄毛用治療薬などのいろいろな薄毛の改善方法が発見・開発されてきています。

20代の忙しい現代人に合わせた薄毛のケアを!

先程も言いましたが、20代だろうが50代だろうが、薄毛を改善するためには髪にまで栄養を行き渡らせなければなりません

ですが、タンパク質を摂る為に、卵を食べて肉か魚を食べて、ビタミンを摂る為に野菜や果物を食べて、亜鉛を摂る為に牡蠣やレバーを食べて・・・髪の栄養補給って聞く限りめんどくさいなと感じたアナタは間違ってません。

そう、髪の栄養補給って想像以上に大変なんです!

特に、現代人にとってビタミン群と亜鉛は不足しやすく失いやすい栄養素なので、髪を太くする為の栄養補給は更に大変。20代の薄毛の原因(亜鉛不足)

毎日バランスの取れた食事を意識するだけでも大変ですし、それが原因でストレスになって抜け毛が成長促進可能性もあります。髪の栄養補給は重要なのに、かなり面倒くさいことなので。

だからこそ、忙しい現代社会で薄毛と戦うためには、髪の栄養補給を内側と外側から「強制的に補う」べきなんです!

20代薄毛対策は攻守ともに肝心!!

よく髪の成長は草木の成長にたとえられますが、植物をイメージしてみてください。草花は、お水を与えてあげないと枯れてしまいます。

髪も同じように、栄養を与えないとどんどん枯れてしまうんです。草木は栄養をたっぷり含んだ20代薄毛対策土壌でしか育ちませんが、髪の成長も同じ事。

そしてここで頭皮に一番手っ取り早く栄養を補給する方法が、育毛剤を使うことなんです。

髪が生えてくる元となる毛母細胞に、たくさんの栄養を直接与えてくれるので育毛効果を促してくれる効能があります。

薄毛の原因5αリダクターゼを阻害するものを選ぼう

ヘアサイクルが短くなって髪が成長する前に抜け落ちてしまうことが、20代の薄毛(若年性脱毛症)の主原因ですが、このヘアサイクルを乱す元凶にジヒドロテストステロンという物質が挙げられます。

ジヒドロテストステロンとは?
20代 薄毛 ジヒドロテストステロン

 ジヒドロテストステロンは男性ホルモンの一種であるテストステロンが変化したもので、薄毛の素と言われている。

そして、この変化を促すのが5αリダクターゼという物質。

 

つまり、この5αリダクターゼの生成を阻害すれば、20代でも薄毛を予防できる可能性があるんです。

最近の育毛剤は、直接頭皮環境を正常化してくれるだけではなく、毛の生えてくる出発点となる毛母細胞を活性化させる効能があるので、通常のケアだけよりも圧倒的に育毛効果は高いと思いますよ!

 

昔は育毛剤といえば、ごく一部のメーカーのみが販売しているといった印象があったんですけどね。近年、薄毛に関する研究開発も各企業にて進み、種類も豊富で昔と比べ良い物が増えてきました。

ここでは症状に分けて、10代、20代にもおすすめできる育毛剤を紹介しますね。

おすすめの育毛剤は
頭皮の状況によっても変わる!

使用感満足指数97% · BEST育毛剤受賞

全薄毛タイプに‐チャップアップ(CHAP UP)

20代薄毛対策にチャップアップ

チャップアップは育毛の担当医が奨めている育毛剤で、育毛保証書なるものが発行されています。それだけの自信があるという事なのでしょう。

定期コースを利用すれば育毛サプリメントが付属してくるため20代からでも本格的な薄毛対策が始めやすいです。

迷ったらコレ一択というイメージがありますが、 販売されている育毛剤などの商品の中でも最大の育毛成分が配合されていて、その数はなんと50種類。
チャップアップは厚生労働省に育毛効果があると認可されていますので、髪の悩みがある方の強い味方になってくれるのではないでしょうか?
チャップアップはあらゆるタイプの薄毛(O字型、混合タイプ型、M字型、U字型)の方におすすめですので今まで使ってみた育毛剤の効果が感じられなかった方は一度試してみてください。

商品価格14,800円7,400
返金保証30日 (定期便で無期限の永久返金保証書付き)
有効成分センブリエキス/グリチルリチン酸ジカリウム/ジフェンヒドラミンHC
備考発毛の専門家が推奨!

↓↓詳しく知りたい方はこちらをクリック↓↓

チャップアップ

20代薄毛の点線

M字ハゲの最後の手段! 

左右の髪が薄くなったら‐薬用育毛剤プランテル

 20代薄毛対策にM字型プランテル一般的なミノキシジルや、育毛効果が高いとされる成分が含まれる育毛剤、プロペシアなど、医療機関で処方される薬を使ってもなかなか治りにくいのが、M型ハゲの特徴。

M型ハゲに対応するにはM型ハゲの原因であるホルモンレセプターか、DHTの働きを阻害するほかありません

薬用プランテルはその男性ホルモンを作る働きを阻害することに力を入れてつくられたおすすめ育毛剤です。

多くのM字はげの方に知名度のある「プランテル」は医薬部外品として厳重な安全に配慮性検査をしており、パラベンなし、鉱物油なし、合成着色料なし、無香料と、頭皮に影響のある添加物は入っていません。

万が一異常が起きても使用を中止すれば深刻な状態にはならないというのも安心して使える点なのではないでしょうか。

商品価格9,800円6,980
返金保証30日間
有効成分センブリエキス/セファラチン/グリチルリチン酸2k
備考M字の悩みに特化した育毛剤

↓↓詳しく知りたい方はこちらをクリック↓↓
20代薄毛対策にM字型プランテル

20代からの薄毛対策は内側のケアも重要!

育毛剤で薄毛の原因となる男性ホルモン(5αリダクターゼ)の生成を阻害した後は、髪の栄養の素となる血液に栄養を与え予防します。

ここで弱った毛根や頭皮に、サプリメントで栄養を与え、強く太い髪に育てていくことが必要!20代薄毛対策に育毛サプリ

イメージとしては、草木に水を与えて伸ばすのが育毛剤。そのすこやかに保つ草木を強くするのが育毛サプリメントだと思ってください。薬ではなく栄養補助食品の部類だと考えればOKです。

20代に必要な育毛サプリ!【選ぶ際のポイント

一番重要視しなければいけないのは、育毛のために必要な成分をどれだけ配合していて、薄毛の防止や髪の毛の発毛に貢献してくれるかということ。
せっかく髪の栄養補給の為にサプリメントを飲むなら、脱毛原因まで一緒に抑制してくれる育毛サプリを飲んだ方が即効性があり効果的です。
髪の毛以外にも健康には欠かせないミネラルやビタミンが配合されているので、一石二鳥の効果がありますしね。
ですので、めんどうな髪の栄養補給をサプリメントで補おうと考えるなら、栄養補給と脱毛原因の抑制ができる育毛サプリメントをおすすめします。

満足度92.6%

20万本出荷の人気サプリ‐BOSTONサプリ
20代薄毛対策に育毛サプリボストン

ボストンはお客様満足度調査で92.6%と高い評価を得ている大人気商品です。育毛の鉄板成分であるノコギリヤシと亜鉛を配合し、さらにイソフラボンでAGAの抑制を強化しています。

イソフラボンは女性ホルモンに似た作用があるため、髪の成長サイクルを伸ばすことができるといわれています。またDHTの増加を抑える働きがあるという報告もあり、今も研究が進められている成分です。

そのほか注目の育毛成分パルテノライドを含有するフィーバーフューや血行促進成分、髪の元となるアミノ酸なども配合されています。
定期便で3本まとめて購入すると1本あたり5,213円と元値よりもかなり安く買うことが出来ます。国内工場で生産されているので衛生環境も安全に配慮ですし、顧客満足度92.6%というのも効果の高さの証でしょう。
育毛成分のノコギリヤシエキスは頭皮に塗るよりも飲んで血液から成分が運ばれたほうが効果があるので、育毛剤よりもサプリメントに配合されるそうです。

商品価格14,800円5,213(最安値)
有効成分ノコギリヤシ種子オイル/亜鉛酵母/イソフラボン/イチョウ葉エキス/フィーバーフュー(ナツシロギク)/ミレット
備考育毛成分の質はNo.1の本格派育毛サプリメント

↓↓詳しく知りたい方はこちらをクリック↓↓
育毛剤愛用者の人気No.1サプリボストン

育毛剤と育毛サプリで最短コースを!

体の中と外から同時に育毛を行っていくなら、育毛剤と育毛サプリのセットが薄毛改善までの最短コースです。
体の中と外からダブルの効果で育毛促進ができますし、最近の育毛剤は定期便でサプリメントが付くものもあるので、コスパが非常に良いものから試してみるのもアリだと思います。20代薄毛に育毛剤と育毛サプリ
20代だろうがまだ若いと思っていても、若年性脱毛症は放っておくと薄毛が頭部の広範囲に広がり、重度になると育毛は困難になってきます。
「あの頃、薄毛対策をしていれば・・・」
と、後々後悔しないためにも早めに対処するように心がけましょう。

こちらで20代30代におすすめの育毛剤を紹介しています。
TOP⇒20代30代におすすめな育毛剤を見る

20代30代の女性用育毛剤を見る

[cc id=5937] [su_box title=”こちらの記事も読まれています” style=”soft” box_color=”#2292ef” title_color=”#0d0d0d”]

薄毛のサプリメント対策【プロが教える効果と成分の選び方】

育毛サプリはハゲの種類で飲むのが違う!【知らない人多すぎ】

抜け毛予防になる食べ物と促進する食べ物!【知らぬ間に薄毛に…】

ラーメンではげる論争に終止符を!乱れた食生活オールクリア育毛法

ノコギリヤシは薄毛に対して有効か?

20代で薄毛に悩んだら若年性脱毛症を疑え!

マイナチュレサプリメント検証!体の中から美しくなるサプリの秘密

髪の毛を成長促進方法【成分から見た長・短期の対策】

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017